体内酵素とは何か?

MENU

体内酵素とは何か?

 

体内酵素というのは、人間の体内で作られる酵素のことです。この体内酵素には「消化酵素」と「代謝酵素」といったような2種類が存在します。

 

消化酵素は食べたものを消化したり、体内に必要な栄養成分を吸収する為に使われます。実際に、消化酵素があるのは、唾液や消化液などに含まれており腸内微生物によって消化酵素が作られています。

 

代謝酵素というのは、カラダの各種細胞を形成したり、考えたり、記憶したり、運動したり、免疫力や自然治癒力などの人間の生命活動においてあらゆる点に活動を行うのに必要になってくるのが代謝酵素です。

 

 

体内酵素は、どのような働きがあるのか?

 

体内酵素の働きとしては、

 

 ●新陳代謝を活発にして吸収した栄養を細胞に届けて有効に働く
 ●免疫力をアップして病気や感染症への抵抗力を高める
 ●自然治癒力を高めるので病気や身体の悪い部分を改善する
 ●血液をキレイにする
 ●体内のホルモンバランスを整える
 ●神経の働きを正常にする
 ●体内の毒素を無毒化し体外に排泄する
 ●体内にある余分な脂肪を分解し排出、燃焼する

 

といったような働きが期待できます。

 

 

 

体内酵素が不足したら?

 

もしも、体内酵素が不足してしまった場合にはどうなるのでしょうか?人間の体内においては個人差がありますが、だいたいは20代をピークにして減少してしまいます。また、人間の酵素量というのは一生涯で作られる量というのは限りがあるとも言われています。

 

この為、体内酵素が不足すると栄養成分が十分に吸収することが出来なくなります。さらに、体内の毒素の解毒作用についても弱まってしまいます。この他にも神経やホルモンのバランスなども崩れて免疫や自己治癒力なども弱まってくるなど、生きていくためにも支障をきたす恐れがあります。

 

 

 

体内酵素を補う方法とは?

 

体内酵素というのはどうしても年齢とともに減っていくことになります。しかし、食事によって体内酵素を補う事が出来るとも言われています。

 

実際に、食事で体内酵素を補うためには、
 ●生で食べれる野菜
 ●生で食べれる果物
 ●生で食べれる魚
 ●生で食べれる肉
 ●発酵食品
 ●酵素飲料
などを食事に取り入れることによって補う事ができます。

 

ただし、酵素と言うのは熱に弱いので、基本的には加熱しての調理を行った場合には、酵素の働きがなくなるので、生のモノを食べるようにするのが効果的です。

 

 

 

体内酵素の消耗を減らす方法とは?

 

いつまでも長く元気に健康的に生活をしたいと思った場合には、体内酵素をいかに維持するのかというのも大切になります。

 

その為に大切になるのが体内酵素の消耗を少なくすると言った点も大切ではないかと思います。体内酵素を消耗しないようにするためには、
 ●アルコールの摂取量を出来るだけとらない
 ●添加物や保存料などを出来るだけとらない
 ●抗生物質を出来るだけとらない
 ●腸内環境を整えて腸内の老廃物や毒素を減らす
 ●動物性タンパク質の摂取を減らす
 ●食事量を減らす
といったような点に注意する必要があります。

 

 

 

<その他>・・・・動物は皆、体の調子が悪くなると何も食べずにじっとしています。それは食べないことによって消化酵素の無駄づかいをやめて、酵素の力を免疫力や自然治癒力を高める代謝酵素に回すためです。
食欲がなくなるのも、ひとつの自然治癒力とみることができます。風邪を引いたときに酵素を取れば、熱も下がって早く完治します。

 

 

体内酵素とは?関連エントリー

消化酵素とは
ここでは、数多くある酵素の中から消化酵素とは、どのようなモノであるのかと言った点を紹介しています。
代謝酵素とは
ここでは、代謝酵素とはどのようなモノであるのかと言った点を紹介しています。酵素に興味があり実際に試してみようと思っている人には参考になるのではないかと思います。
食物酵素とは?
ここでは、食物酵素とはどのようなモノであるのかと言った点を紹介しています。酵素に興味があり実際に試してみようと思っている人には参考になるのではないかと思います。
酸化酵素とは?
ここでは、酸化酵素とはどのようなモノであるのかと言った点を紹介しています。酵素に興味があり実際に試してみようと思っている人には参考になるのではないかと思います。
活性酵素とは?
ここでは、活性酵素とはどのようなモノであるのかと言った点を紹介しています。酵素に興味があり実際に試してみようと思っている人には参考になるのではないかと思います。